インプラントの相談

インプラントの相談について

口腔外科で納得のインプラント

インプラントは歯根部に人工的な歯を埋め込むもので、手術が必要になります。歯並びが悪いことで起こる食べ物の咀嚼不足や消化の不足を助けたり、綺麗に見えるように外観的にも助ける働きを行います。インプラントは基本的に保険がきかず自費での診療となります。誰でも手術を行えるものではなく、顎の形状や体の状態により実施できない場合もあります。素材は様々なものがあり値段も異なり、目的や希望により選ぶことが可能です。価格が効果となることがあり手術の適応になるかは専門の医者に相談することが大切です。綺麗な歯並びを希望する場合には、まずは口腔外科を受診し詳しく相談をして説明を受ける必要があります。

インプラント治療は学会の医師で

インプラントは比較的新しい治療法です。日本で初めて治療に必要な器具が販売されたのが2006年だと言われています。その後2010年くらいから科学的根拠のある治療として日本でも広まっていきました。高度な技術が要求されますので、日本口腔外科インプラント学会の認定医に治療してもらうのがベストな選択です。高齢の歯医者さんが、まだ隠居せずに一人で診療を続けているような所では、たとえ看板に可能だと表示してあっても避けた方が無難でしょう。この治療は、執刀医だけではなく歯科衛生士や助手の口腔外科医とのチーム力も大切です。歯医者さんの看板やホームぺージだけで選ばずに、学会のホームページからお近くの専門医を検索することをお勧めします。治療を受ける前に知っておきたい知識なども記載されています。

↑PAGE TOP